見せられなかった振り袖姿

着物と聞いてイメージするのは「成人式」です。

子供の頃に七五三で着る人もいますが、あまり自分の記憶には残っていないと思います。しっかりと記憶に残る初めての着物が振り袖だと私は思っているからです。

買い物に行って呉服屋さんの前を通るくらいしか着物を見ることがありませんでした。成人式が近づいてきて初めて呉服屋さんの展示会に足を運んだ時はすごくドキドキしたのを覚えています。

その時はまだ買う予定もしておらず、成人式当日はレンタルで済まそうとまで思っていましたが会場に一歩足を踏み入れた瞬間に私は着物に魅入ってしまいました。
素敵な着物姿の販売員さんにいろいろな着物を体にあてて頂き、着付けまでしてもらって夢のような時間でした。

帰るころには気に入った着物を指さし、「あの振り袖を成人式に着て行きたい!半分払うから買って!!」と母親にお願いしていました。散々怒られましたが私の為に振り袖を購入してくれた両親には感謝感謝です。

しかし実際には10代で結婚してしまい、せっかく買った振り袖に袖を通すことはありませんでした。
今思うとなんてもったいないことをしたんだろう。親にもさせたんだろうと後悔しています。

今、私には娘がいます。
まだ中学生ですが成人式には私が着ることができなかった振り袖をぜひ着てもらいたいと思っています。両親には私の振り袖姿を見せることができませんでしたが、孫の振り袖姿を見せてあげたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です